忍者ブログ
小ネタ、感想、語り等置き場。現在は化物語(腐気味)中心です。☆『終物語(下)』までネタバレ有りです☆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/09/26 (火) 07:26】 |
トラックバック() | コメント()

無題
一音アイカ
撫子ちゃんがラスボスとは・・・
なんか、嫌過ぎる・・・・
ひたぎ『エンド』って・・・もうだめだ・・・・・


コメントを閉じる▲
「囮物語」ネタバレです。よろしければ続きからどうぞ!











「こよみおにいちゃん」


ファーストシーンのイメージでらくがきをがりがり。
この格好じゃないし、髪はあれだし、なんだけども、もう余りにも美しいイメージが頭の中にありまして。
……頭の中にしかないのがもどかしいのですが!ぐぬぬぬ

「彼女」を護っていた脆弱な屋根が吹き飛んで、か弱くも最強のかみさまが現れる。
うねうねと蠢く十万匹の蛇、涙も流れて混ざって分からなくなるほどの豪雨、壊れてしまったとびきり可愛い女の子。

大好きなひとが来てくれた歓喜と、その人に一番みにくい姿を晒す絶望の交差する瞬間、を、是非、アニメにしていただきたい…っ!
綺麗だろうなあ…シャフ度で振り向くんだろうな!


さて、今日もちょこっとだけ、思いつくままに覚え書きしてみます。


■「お前はいつもそんな風に

迷惑そうに。

撫子の気持ちは何となく分かります。
暦お兄ちゃんは、撫子にとっては素敵な「ぐうぞう」なのよね。
アイドルでも何でも、素敵な「ぐうぞう」は、振り向いたりしちゃ駄目なんだよね。

ただ、「暦お兄ちゃんみたいなの」に恋をしてた撫子だけど、それでも、彼を好きだって素直な気持ちは、きっとまだ微かに息づいている。
「やんでれ」撫子には惚れ直したけど、あのひたすらに可愛らしい撫子がサルベージされるのも楽しみにしています。

それにしても。神様になっちゃった撫子か。
ツイッターにも書いたけど、恋愛サーキュレーションの「神様ありがとう」辺りからスライドして育ったネタなのかしら。
西尾先生の、何ていうんでしょう、後から伏線とでもいいましょうかw 後から出た要素を取り込んで巻き込んでひとつのお話に紡ぎ上げていっちゃうやり方、すっごく面白いです。

なでこスネイクのオーディオコメンタリーなんかにも、伏線?ていうか?みたいなものがあるかしら。ちょっと聴き直してみるー!


■「してやられたわい、あの姪御気取りに――」

忍野扇は、忍野の本当の血縁てわけではなかったのですね。それに、どうやら人間でも無いような気配?
何が目的の、どういう存在なのかは分からないけど……上記の微妙に面白くなさそうな態度からして、忍と同じような存在ということなのかしら。
忍野忍と忍野扇で、姉妹というか何と言うか、そういう存在なのかなあ。
日本中に『忍野』姓の人(ていうか)がたくさん居たらどうしましょう。何かこう、隠し子がいっぱいいるみたいで、忍野ファミリー好きとしては何かこう……こう……忍野さんの尻軽!(言いがかり)

まあ、忍野さんから直々に名前を貰ったことがはっきりしてる忍はともかく、扇ちゃんはまだ自称だからねー。
忍野のあずかり知らぬ所でってことは無いにせよ、勝手に名乗ってるのも面白いかも。もえる。
PR


追記を閉じる▲










「こよみおにいちゃん」


ファーストシーンのイメージでらくがきをがりがり。
この格好じゃないし、髪はあれだし、なんだけども、もう余りにも美しいイメージが頭の中にありまして。
……頭の中にしかないのがもどかしいのですが!ぐぬぬぬ

「彼女」を護っていた脆弱な屋根が吹き飛んで、か弱くも最強のかみさまが現れる。
うねうねと蠢く十万匹の蛇、涙も流れて混ざって分からなくなるほどの豪雨、壊れてしまったとびきり可愛い女の子。

大好きなひとが来てくれた歓喜と、その人に一番みにくい姿を晒す絶望の交差する瞬間、を、是非、アニメにしていただきたい…っ!
綺麗だろうなあ…シャフ度で振り向くんだろうな!


さて、今日もちょこっとだけ、思いつくままに覚え書きしてみます。


■「お前はいつもそんな風に

迷惑そうに。

撫子の気持ちは何となく分かります。
暦お兄ちゃんは、撫子にとっては素敵な「ぐうぞう」なのよね。
アイドルでも何でも、素敵な「ぐうぞう」は、振り向いたりしちゃ駄目なんだよね。

ただ、「暦お兄ちゃんみたいなの」に恋をしてた撫子だけど、それでも、彼を好きだって素直な気持ちは、きっとまだ微かに息づいている。
「やんでれ」撫子には惚れ直したけど、あのひたすらに可愛らしい撫子がサルベージされるのも楽しみにしています。

それにしても。神様になっちゃった撫子か。
ツイッターにも書いたけど、恋愛サーキュレーションの「神様ありがとう」辺りからスライドして育ったネタなのかしら。
西尾先生の、何ていうんでしょう、後から伏線とでもいいましょうかw 後から出た要素を取り込んで巻き込んでひとつのお話に紡ぎ上げていっちゃうやり方、すっごく面白いです。

なでこスネイクのオーディオコメンタリーなんかにも、伏線?ていうか?みたいなものがあるかしら。ちょっと聴き直してみるー!


■「してやられたわい、あの姪御気取りに――」

忍野扇は、忍野の本当の血縁てわけではなかったのですね。それに、どうやら人間でも無いような気配?
何が目的の、どういう存在なのかは分からないけど……上記の微妙に面白くなさそうな態度からして、忍と同じような存在ということなのかしら。
忍野忍と忍野扇で、姉妹というか何と言うか、そういう存在なのかなあ。
日本中に『忍野』姓の人(ていうか)がたくさん居たらどうしましょう。何かこう、隠し子がいっぱいいるみたいで、忍野ファミリー好きとしては何かこう……こう……忍野さんの尻軽!(言いがかり)

まあ、忍野さんから直々に名前を貰ったことがはっきりしてる忍はともかく、扇ちゃんはまだ自称だからねー。
忍野のあずかり知らぬ所でってことは無いにせよ、勝手に名乗ってるのも面白いかも。もえる。
PR

【2011/06/29 (水) 23:00】 | 感想
トラックバック(0) | コメント(1)

無題
一音アイカ
撫子ちゃんがラスボスとは・・・
なんか、嫌過ぎる・・・・
ひたぎ『エンド』って・・・もうだめだ・・・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
撫子ちゃんがラスボスとは・・・
なんか、嫌過ぎる・・・・
ひたぎ『エンド』って・・・もうだめだ・・・・・
2011/06/29(水) 23:37 |   | 一音アイカ #2aab96f362[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック