忍者ブログ
小ネタ、感想、語り等置き場。現在は化物語(腐気味)中心です。☆『終物語(下)』までネタバレ有りです☆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/26 (水) 22:46】 |
トラックバック() | コメント()

ピクシブから
らいち
えっと、感想です(違
傾物語の感想の間に新井素子先生の話が!
「ひとめあなたに」「二分割幽霊奇譚」の関係、納得です!ひとめ・・・の方は何度読み返したことか。
自己内完結して狂ってしまったキスショットと、お互いに良好な関係を築けた忍。そのへんも「ひとめあなたに」とダブってきます。
メタ会話は「・・・・・・絶句」を思い出します・・・って新井先生の話ばっかりだ!


>らいち様
トワコ
コメントありがとうございます!

!新井先生…!>「えっと、」

…凄くツボに入りました。
一瞬、可愛い書き出しだなあと普通にスルーしかけたことは内緒なのです!(お前…!)

突然話に出してしまいましたが、反応を頂けてとっても嬉しいです。
「ひとめ~」は私も何度も何度も読みました…新井先生の著作の中で一番読み返しているかもしれません。
ああ、あのお話は、狂っていく女性達の物語ですものね、とてもしっくりきます。無理矢理重ねるならば、キスショットは由利子さん…でしょうか。
「…絶句」!うわあ、こちらも大好きです!かなり忘れてしまってる部分も多いのですが、メタ会話で一気に蘇るものがありました。
新井先生のお話嬉しいなあ、本棚を引っくり返して読み返したくなってしまいましたvありがとうございます!


コメントを閉じる▲
読みました!





ちょっ…なにこれ、すっごい面白かった!
面白かったー!
面白かったし、各方面にもえすぎてどうにかなりそう。

箇条書きで失礼します。



■きみの親愛なる友人、――

順番も何もかもぶっ飛ばしてしまいますが、これが…もう…!
本を読みながら意識せずぼろぼろ泣くなんてやだちょっとアタシマンガみたい!(恥かしい)
ああー…駄目だ、何から書けばいいんだ。

『このルート』の忍野は、阿良々木くんを死なせてしまった忍野で。
阿良々木くんが死んだ後、忍ちゃんがハートアンダーブレードに戻って世界を滅ぼすのを見てきた忍野で。
でもその極限状況の中で、微かな可能性に賭けて阿良々木くん――自分の知らない阿良々木暦くんに、あんな手紙を書いた――そんな、忍野さん。

ルートXを辿った皆が悲しすぎて、切なくて切なくて、同時に、忍野からの手紙が嬉しくて、涙が止まりませんでした。

あの忍野は、どんな状況下にあるんだろう。
影縫さんや貝木(何で呼び捨て)(愛)と合流して、ことによっちゃ先輩なんかも一緒に居て、もうすぐ最後の戦いに出ようって時に、

何や忍野くん、遺書でも書いとるん?
――んー、まあそんなところ。

なんてね、
失った彼のこと、
また一人ぼっちになってしまって泣いてる彼女のこと、
そして、
何処かにいるかもしれない『うまくやった』彼のこと、
一緒に生きていける人と寄り添えた彼女のこと…

色々思いを巡らせて、そして。

この期に及んで、まだ『阿良々木くん』に望みを託す忍野に、わーっと叫びたいくらい…何だろう、何かね!わーってなった!(小学生)
それと、彼は忍野さんであって忍野さんではない――滅びかけの世界で、死んでしまうかもしれない忍野さんなのだということが、とてもとても、ぐっさり来たのでした。



新井素子の小説で「ひとめあなたに」ってのがありまして。
あ、ネタバレだ!



---!!ネタバレ!!---



「ひとめあなたに」と、「二分割幽霊奇譚」のネタバレです~(ここでいきなりそんな)




まあ何だかんだ言って世界が滅んでしまうお話なんだけど、それと対になる一遍が「二分割幽霊奇譚」だったかな?滅びそうになるものの、救われる世界のお話なのですね。
で、新井先生が、どっちかのあとがきで、「ひとめあなたに」について、『これは、二分割幽霊奇譚で滅んでしまったほうの地球のお話です』と書いてらしたんですよね。
どちらも好きな話だけど、これを読んだときは、ああ、滅んでしまうほうの地球か…と、とても切ない気持ちになったものです。




---!!ネタバレここまで!!---



「滅んでしまうほうの世界」が、悲しくて、愛しかったです。
いや、正確には滅びないんだけど。ただ、阿良々木くんと忍ちゃんが、あと、本当に死んでしまった人たちが、居ないだけで。

…正直、正直おいちゃんな、こっちの世界の妄想が止まらんぜよ…!(息荒く)
皆さんは何から行きますか?私はとりあえず阿良々木くんが死んじゃったことを知った忍野さん辺りからハッスルする所存!
やっべ…おいし、切ないなあ!なんということでしょう。やはり原作に勝る萌えなし、か…。
妄想したら聞かせてくださいねはあはあはあはあ。


とりあえず一旦送信するか。息も上がったし。
PR


追記を閉じる▲




ちょっ…なにこれ、すっごい面白かった!
面白かったー!
面白かったし、各方面にもえすぎてどうにかなりそう。

箇条書きで失礼します。



■きみの親愛なる友人、――

順番も何もかもぶっ飛ばしてしまいますが、これが…もう…!
本を読みながら意識せずぼろぼろ泣くなんてやだちょっとアタシマンガみたい!(恥かしい)
ああー…駄目だ、何から書けばいいんだ。

『このルート』の忍野は、阿良々木くんを死なせてしまった忍野で。
阿良々木くんが死んだ後、忍ちゃんがハートアンダーブレードに戻って世界を滅ぼすのを見てきた忍野で。
でもその極限状況の中で、微かな可能性に賭けて阿良々木くん――自分の知らない阿良々木暦くんに、あんな手紙を書いた――そんな、忍野さん。

ルートXを辿った皆が悲しすぎて、切なくて切なくて、同時に、忍野からの手紙が嬉しくて、涙が止まりませんでした。

あの忍野は、どんな状況下にあるんだろう。
影縫さんや貝木(何で呼び捨て)(愛)と合流して、ことによっちゃ先輩なんかも一緒に居て、もうすぐ最後の戦いに出ようって時に、

何や忍野くん、遺書でも書いとるん?
――んー、まあそんなところ。

なんてね、
失った彼のこと、
また一人ぼっちになってしまって泣いてる彼女のこと、
そして、
何処かにいるかもしれない『うまくやった』彼のこと、
一緒に生きていける人と寄り添えた彼女のこと…

色々思いを巡らせて、そして。

この期に及んで、まだ『阿良々木くん』に望みを託す忍野に、わーっと叫びたいくらい…何だろう、何かね!わーってなった!(小学生)
それと、彼は忍野さんであって忍野さんではない――滅びかけの世界で、死んでしまうかもしれない忍野さんなのだということが、とてもとても、ぐっさり来たのでした。



新井素子の小説で「ひとめあなたに」ってのがありまして。
あ、ネタバレだ!



---!!ネタバレ!!---



「ひとめあなたに」と、「二分割幽霊奇譚」のネタバレです~(ここでいきなりそんな)




まあ何だかんだ言って世界が滅んでしまうお話なんだけど、それと対になる一遍が「二分割幽霊奇譚」だったかな?滅びそうになるものの、救われる世界のお話なのですね。
で、新井先生が、どっちかのあとがきで、「ひとめあなたに」について、『これは、二分割幽霊奇譚で滅んでしまったほうの地球のお話です』と書いてらしたんですよね。
どちらも好きな話だけど、これを読んだときは、ああ、滅んでしまうほうの地球か…と、とても切ない気持ちになったものです。




---!!ネタバレここまで!!---



「滅んでしまうほうの世界」が、悲しくて、愛しかったです。
いや、正確には滅びないんだけど。ただ、阿良々木くんと忍ちゃんが、あと、本当に死んでしまった人たちが、居ないだけで。

…正直、正直おいちゃんな、こっちの世界の妄想が止まらんぜよ…!(息荒く)
皆さんは何から行きますか?私はとりあえず阿良々木くんが死んじゃったことを知った忍野さん辺りからハッスルする所存!
やっべ…おいし、切ないなあ!なんということでしょう。やはり原作に勝る萌えなし、か…。
妄想したら聞かせてくださいねはあはあはあはあ。


とりあえず一旦送信するか。息も上がったし。
PR

【2010/12/24 (金) 23:07】 | 未選択
トラックバック(0) | コメント(2)

ピクシブから
らいち
えっと、感想です(違
傾物語の感想の間に新井素子先生の話が!
「ひとめあなたに」「二分割幽霊奇譚」の関係、納得です!ひとめ・・・の方は何度読み返したことか。
自己内完結して狂ってしまったキスショットと、お互いに良好な関係を築けた忍。そのへんも「ひとめあなたに」とダブってきます。
メタ会話は「・・・・・・絶句」を思い出します・・・って新井先生の話ばっかりだ!


>らいち様
トワコ
コメントありがとうございます!

!新井先生…!>「えっと、」

…凄くツボに入りました。
一瞬、可愛い書き出しだなあと普通にスルーしかけたことは内緒なのです!(お前…!)

突然話に出してしまいましたが、反応を頂けてとっても嬉しいです。
「ひとめ~」は私も何度も何度も読みました…新井先生の著作の中で一番読み返しているかもしれません。
ああ、あのお話は、狂っていく女性達の物語ですものね、とてもしっくりきます。無理矢理重ねるならば、キスショットは由利子さん…でしょうか。
「…絶句」!うわあ、こちらも大好きです!かなり忘れてしまってる部分も多いのですが、メタ会話で一気に蘇るものがありました。
新井先生のお話嬉しいなあ、本棚を引っくり返して読み返したくなってしまいましたvありがとうございます!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ピクシブから
えっと、感想です(違
傾物語の感想の間に新井素子先生の話が!
「ひとめあなたに」「二分割幽霊奇譚」の関係、納得です!ひとめ・・・の方は何度読み返したことか。
自己内完結して狂ってしまったキスショットと、お互いに良好な関係を築けた忍。そのへんも「ひとめあなたに」とダブってきます。
メタ会話は「・・・・・・絶句」を思い出します・・・って新井先生の話ばっかりだ!
2010/12/26(日) 21:45 |   | らいち #5497450feb[編集]
[管理者用 返信]

>らいち様
コメントありがとうございます!

!新井先生…!>「えっと、」

…凄くツボに入りました。
一瞬、可愛い書き出しだなあと普通にスルーしかけたことは内緒なのです!(お前…!)

突然話に出してしまいましたが、反応を頂けてとっても嬉しいです。
「ひとめ~」は私も何度も何度も読みました…新井先生の著作の中で一番読み返しているかもしれません。
ああ、あのお話は、狂っていく女性達の物語ですものね、とてもしっくりきます。無理矢理重ねるならば、キスショットは由利子さん…でしょうか。
「…絶句」!うわあ、こちらも大好きです!かなり忘れてしまってる部分も多いのですが、メタ会話で一気に蘇るものがありました。
新井先生のお話嬉しいなあ、本棚を引っくり返して読み返したくなってしまいましたvありがとうございます!
2010/12/27(月) 21:03 |   | トワコ #553bcb6ed6[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック